モデル犬をしています













▲おぱ愛用のハミガキジェル



最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トマトの食べ放題だよ☆


台風の影響で強い雨と風が吹きトマトの枝がたくさん折れてしまいました。
やっとたくさんの実をつけだした所なので大丈夫かなと心配していました。







落ちてしまった物も多かったのですが、恐るべし生命力の強さで持ちこたえてくれました。





イエロートマトも一緒に入れてジャムを作って見ました。
パンに塗ったりヨーグルトに入れたり毎日食べていたらもうなくなったので追加でまた
作りました。
やはり手作りはおいしいです。





たくさんのトマトを裏ごしして具沢山のミネストローネスープも作ってみました。
今度は何を作ろうかなと考え中です。






オパールは毎日庭に出るたびに落ちているトマトを見つけてはパクパクと食べています。
おいしかったようで最近は下ばかり見て落ちていないか探しています。





私がトマトを取ろうとしているとあわててやってきてまだ熟していないトマトに顔を突っ込んで食べてしまいました。
きっと硬いし酸っぱいと思うのですが、食いしん坊なのでお腹をこわさないことを祈ります。






ひとり食べ放題を満喫してうれしそうでした。
ビタミンCやミネラル栄養成分豊富なミニトマトを食べてしあわせいっぱいのオパールでした。
これで親子共々暑い夏本番を乗り越えられるかな。


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

今日も訪問して下さってありがとうございます。
スポンサーサイト

オパール5回目のうちの仔記念日です♪


今から5年前愛する先代犬を病気で亡くしてから体調を崩していた私は食欲もなくて
体重も40キロを切ってしまいました。

そんな私をみかねた娘が、盲導犬協会でキャリアチェンジ犬の飼い主を募集しているから
見学に行って見ようと誘ってくれました。






この場所がオパールと出会った運命の場所兵庫盲導犬協会です。
訓練士の方がおんなの仔のキャリアチェンジ犬が3頭いるので連れて来ますと
言われました。

初めに来たのは黒ラブの姉妹でとても人懐こくてかわいい仔でした。
そして最後におどおどとやって来て私たちを見るなり嬉しさのあまりいきなりおもらしをしてしまったのが、オパールとの出会いでした。

主人も娘も私が気に入った仔を選んだらいいよと言ってくれましたが、
この中から一頭だけを選ぶというのはとても辛かったです。

今まで仲よく過ごしてきた姉妹犬のどちらかを連れて帰るというのは引き離すようで
かわいそうでできませんでした。
考えた末に私たちに会えたことをすごく喜んでくれたチョコラブを家族に迎えようと決めました。
そんないきさつがありうちの仔になりました。

訓練士さんからオパールちゃんなら今からすぐに連れて帰ってもらえますと言われたので、
『え~今日もう連れて帰れるの』新しい家族が増えてうれしい気持ちでいっぱいでした。

環境がガラッと違うので夜鳴きをするかも知れませんとのお話でしたが、
うちに着くなりあちこち部屋の中を探検しもうずっと前からいたようにリラックスしていました。
心配していた夜鳴きももちろんありませんでした。











パピー時代のかわいい盛りのオパールの写真は数枚しかありませんが、
私の貴重な宝物です。
私がどうしても欲しいとお願いをしてPWさんが送って下さいました。

元気にそうな様子に優しいご家族に囲まれて楽しい時間を過ごしたんだろうなと思います。
しばらく訓練を受けていましたが、子供とボールが好きで見るとどうしても追いかけて行くので、キャリアチェンジ犬になったと後日お聞きしました。
5年経った今でも変わりなく多分に名残りがありますが‥‥。








うちに来てから大きな病気や怪我もしないで元気に過ごせたことに感謝です。
その代わりと言ってはなんですが、飼い主は引っ張られて痛い思いを何度かしましたが、
それも思い出のひとつになりました。

オパールうちに来てくれて本当にありがとうね。

盲導犬の育成には多くの時間と手間、そしてなにより費用が掛かります。
まだまだ盲導犬を必要とされている視覚障がいの方が多くいらっしゃいます。
オパールもそうでしたが、たくさんのボランティアの方のお世話になりました。

もっと広く活動を知ってもらい街頭活動をしていたなら足を止めてもらえたらうれしいです。


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

今日も訪問して下さってありがとうございます。

ルーシーの誕生日です


今日は5年前にお空に還った愛するルーシーの誕生日です。
いつか大きな犬を飼って見たいと言う犬好きな娘の願いが叶いうちの仔になりました。





初めてうちに来た日きっと今までと違う環境なので夜鳴きはするだろうと覚悟はしていたんですが、こちらの思い過ごしだったようで最初からすごくおとなしかったです。
名前は娘がルーシーと名付けました。
パピー時代もいたずらはほとんどしないいい仔でした。





車が大の苦手で酔うのがわかっていたのであまり遠くへ連れて行ってやる事もありませんでした。
なので旅行の思い出もありません。
娘の青春時代は、いつもルーシーが傍に一緒にいたと言ってもいいくらいでした。





こんないたずらをされていたけど何をされても嫌がらなかったです。
懐かしい思い出のひとつです。







夏にはお姉ちゃんが浴衣を買ってくれて金魚の柄がとっても似合っていて可愛かったです。💖
10歳過ぎる頃まではすごく元気で病気知らずで病院にかかることもありませんでした。





憧れていた夢の多頭飼いも短い間でしたが、経験する事ができました。
シニアとパピーなので別々に散歩に出かけて大変なこともありましたが、
楽しい毎日でした。

でも不慮の事故で新しく家族になったライナスが、わずか1歳半で亡くなってしまいました。まさかこんなに早く逝くなんてかわいい盛りでした。
今思い出してもかわいそうでなりません。

ライナスが亡くなりしばらくしてルーシーが急に倒れ心肺停止の一歩手前の状態だと言われました。
前日までわりと元気で自力で散歩もトイレもしていました。
覚悟はしておいて下さいとは言われていたものの家族みんなの祈りが通じたのか少しだけ元気になりました。

でもそれも束の間で心臓がかなり弱っていて肺には水がたまっていました。
たくさんのお薬を飲ますのもひと苦労でした。
どうにかして飲まそうとして好きなお豆腐に混ぜても上手いことお薬だけ残していました。

そのうち24時間酸素が手放せなくなり私たちが声をかけても尻尾だけかろうじて振っていたのが、そのうち無反応になりました。

ずっと荒い呼吸をしていたのですごく辛かったのでしょうね。
きっと体は限界をとっくに超えていたのに私たちの為に頑張ってくれていたんだと思います。
ルーシーは家族に見守らながら大雨の夜に12歳半で逝きました。
こんな穏やかな大型犬はいないとたくさんの方から言っていただいた自慢の仔でした。





わずか一年足らずのうちに愛する仔を相次いで亡くし泣いてばかりいた私は今だにあの頃の事は思い出そうとしても記憶の中から消えてしまっています。
心に空いた大きな穴はなかなか埋まりませんでした。
今頃は天国でたくさんのお友達と仲よく遊んでいるのでしょうね。
コロ、チッチ、ライナス、ルーシーみんなうちの仔でいてくれてありがとう。

お母さんそっちに行ってみんなと会えるのを楽しみにしています。
でももう少し待っててね。


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

今日も訪問して下さってありがとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。